生理痛軽減のための自己催眠法


女性の問題で多い生理痛の問題を軽減する方法をご紹介します。まず、痛みと言うのは身体の異常を知らせる警報ですので、必ず医師の診断を受けてください。問題が見つかりその治療が始まればもう警報としての役割は終わっていますので痛みは消してしまいましょう。ここでは突然の生理痛に対処するために、手袋麻酔という催眠療法でオーソドックスな方法をご紹介します。私たちの脳は現実と空想の区別はしません。ですので、病院で麻酔をかけられた記憶、手がかじかんで感覚がなくなった記憶、手を身体の下にしいて眠ってしまって腕の感覚がなくなった記憶などに意識を集中させると身体に同じ反応が現れます。その感覚を生理痛のある場所に起こすのです。実際生理痛が起こった時にすぐに使えるように日ごろから練習しておきましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示