勃起障害のための自己催眠法


勃起障害で悩む男性は多く、不妊の原因にもなります。男性が性的に興奮すると、勃起に関する神経物質が放出され、海綿体に血液が流れ込み、血液が充満することで起こります。勃起すると陰茎から血液が流れ出ないようなシステムが働き、勃起が維持されます。勃起の原因と言っても1つではなく、加齢によるもの、糖尿病その他病気によるもの、肥満や喫煙など生活習慣によるものなど様々ですが、精神的ストレスによるものが多いです。この精神的ストレスによる勃起障害には催眠療法は良く反応します。勃起させようさせようと頑張れば頑張るほど勃起はしづらくなります。意識を自分ではなく相手に向けることで潜在意識の働きを高められるのです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示