パーツモデルの説明


私たちの内面は、様々な側面から成り立っています。心理学の用語では、サブパーソナリティーや副人格と言われますが、我々はパーツと呼んでいます。


悪いパーツと言うものはいません。私たちの身体を病気にしたり、問題行動を起こさせるような一見悪い事をしているように見えたとしても、その裏には必ず肯定的な意図が隠されています。


それらは全てそれぞれのパーツたちがそれぞれのやり方で生き残ろうとしている行動なのです。今は問題に思えても、過去にそのやり方で上手く切り抜けた経験があり、その行動を今でもしてしまっているのです。


これらのパーツたちは潜在意識の中に存在しているので、催眠を使って潜在意識の側とつながり、これらのパーツたちと直接お話するのです。


これがパーツセラピーです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示